紫外線からお肌を守る秘訣

この記事は2分で読めます

紫外線からお肌を守る秘訣1

こんにちは、@miss_rosemarryです。今回は、「紫外線からお肌を守る秘訣は」を紹介したいと思います。 美肌を保つためには、紫外線は大敵です。

 紫外線のせいでシミやシワ等が出来てしまい外出するのにも嫌になってしまいます。しかし家の中にも紫外線は、入り込んできているのをご存知ですか?

家だけではなく、オフィスやお店など窓から室内に入ってきてしまっている場合があります。窓際など特に注意していただきたいです。

紫外線対策は必要?

紫外線は外出時だけ気をつければいいと思っていませんか?室内にいても危険がいっぱいです。

紫外線UV-Aはガラスを突き抜けて室内に入ってきますので油断をしていますと日焼けをしてしまいます。では、どのように紫外線を遮れば良いのでしょうか?

なんといっても手軽なのが日焼け止めクリームです。外出時には、付ける方は多いと思いますが自宅にいるときなど付け忘れてはいませんか?

自宅で家事をしているときや車の運転などちょっとした時も気が抜けません。

 

紫外線による肌あれ

紫外線の影響から考えられる肌あれの症状としては、シミシワ、などがありますがそこからたるみ乾燥に進んでいきます。

シワの原因

紫外線からお肌を守る秘訣2お肌は、コラーゲンが束のように集まっていて、真皮をしっかりと支えていて、その隙間をエラスチンがつなぎ合わせるように張り巡らされています。しかし、紫外線の影響によりコラーゲンは、細かく分解してしまいエラスチンを変形させてしまう酵素を生成されてしまいます。そうするとお肌は、ハリと弾力を失ってしまいシワになりシワがひどくなるとお肌は、たるんでしまいます。

 

 

 

シミの原因

 

紫外線からお肌を守る秘訣3お肌が紫外線に刺激されるとメラノサイトからメラニンが作り出さっれます。メラニンは、表皮の細胞核を紫外線から守りますが個でが色素沈着となってしまいます。しかしお肌の新陳代謝と言うターンオーバーが早いサイクルなら色素沈着も消えますが加齢とおもにターンオーバーの周期も長くなってしむので色素沈着が取りきれずにシミとなってしまいます。

 

紫外線の対策

紫外線の対策としては、紫外線からお肌を守ることです。外出時には、日傘やつばの広い帽子、日焼け止めをすることです。

 
日焼け止め日焼け止めには、紫外線散乱剤紫外線吸収剤があって紫外線吸収剤はお肌に負担がかかってしまうのでおはだの弱い方には向きません。 
UVカット素材UVカット加工製品とUVカット素材があります。UVカット加工製品は加工品に紫外線吸収剤と染め粉を混ぜ合わせて生地などに着色させます。UVカット素材は素材を作る工程ないで紫外線吸収剤を混ぜ込みます。紫外線吸収剤の耐久性はUVカット素材の方が高いです。
サングラスサングラスを選ぶときは、紫外線カット率紫外線透過率UV400と表記されていることが多いです。紫外線カット率99%と表記されていれば99%の紫外線をカットしてくれます。紫外線透過率1.0%と表記されていれば1.0%しか紫外線を通しませんと言うことです。UV400は、オーストラリアの規格でUV-Aもカットしてくれるスグレモノです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e5%96%ab%e7%85%99007
  2. 30
  3. 年齢肌が気になる方
  4. ほうれい線を薄くしたい1
  5. images (48)
  6. ニキビに効果がある食べ物1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。