喫煙する女性の肌荒れ

この記事は2分で読めます

こんにちは、@miss_rosemarryです。今回は、「喫煙する女性の肌荒れ」を紹介したいと思います。

タバコを吸う女性にとって気になるのが肌荒れではないでしょうか?喫煙することによって肌あれしてしまうのは本当なのでしょうか?美肌を保つためにタバコがどれだけお肌に影響してしまうのか、喫煙によっておこる肌荒れの原因と解消策を紹介します。

喫煙する女性

%e5%96%ab%e7%85%99001-300x204

女性の社会進出によって喫煙する女性が表立って目立つようになってきましたが喫煙者がピークだった時は成人の約2人に一人の割合が現在は、健康意識の高まりやタバコの相次ぐ値上げなどで現在は5人に一人まで減っています。男性の全年代で喫煙率が低下しているのに対し、女性は横ばい状態です。元々、喫煙率は男性の方が多いのですがその分、喫煙率が大幅に減少しているように見えます。

 

タバコを吸う理由

 

タバコを吸い始めたきっかけは、人それぞれあると思います。好奇心から吸い始めた方や身近な人が吸っていたからといろいろありますが、このように皆さんな にげなくタバコを吸い始めています。では何故吸い続けているのですか?それは、ニコチン依存症という病気だからです。ニコチンは、麻薬にも劣らない依存性 を持っているからやめたくてもニコチンが体内から薄れていくとまた、吸いたくなってしまうのです。

 

タバコによる肌荒れの原因

 

喫煙による肌荒れの原因としては、ニコチンの影響、一酸化炭素の影響、活性酵素の影響が考えられます。

 

ニコチンの影響 ニコチンの影響として考えられるのが血行障害と新陳代謝の低下です。血行障害は、タバコを吸うとニコチンが原因で血管を収縮させて血液の 流れを悪くさせて身体の細部まで酸素や栄養素が運ばれず、逆に老廃物がたまってしまいます。このように血液が流れなくなってしまうと新陳代謝の低下につな がります。

 

一酸化炭素の影響 タバコを吸うことによって血液中に取り入られた一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結合してしまうため酸素がヘモグロビンと結合できなくなってしまいため酸素を細部まで運べなくなってしまいます。そうするとお肌に必要な栄養とかも運ばれなくなります。

 

活性酸素 活性酸素とは、体内に入った酸素がタバコの吸った影響で変化してできた物質のことです。活性酸素を抑えるためにお肌に大切なビタミンCが 多く失われてしまいます。お肌にハリと潤いを保つコラーゲンの生成に必要なビタミンCがないことでコラーゲンが作られなくなってしまいます・

 

喫煙によるお肌への影響

 

喫煙を続けているとお肌にダメージが残ります。特に、顔に出てしまうのが多いので喫煙で肌あれを起こした顔をタバコ顔と言われたりします。

喫煙006

タバコ顔の特徴

 

【タバコ顔の特徴】

☑目尻に細かいシワが目立つ

☑顔全体が乾燥している

☑顔色が悪くクマが目立つ

☑歯や歯茎にヤニの着色

☑口周りのシワやほうれい線が目立つ

☑口臭がきつい

顔にシワやたるみが出る老化現象と一緒ですが喫煙を続けることによって老化現象は、加速していきます。実年齢以上に肌年齢が進んでしまうと取り戻すのにお金も時間もかかってしまいます。出来れば一日でも早く禁煙することが美肌を保つ秘訣ではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 30
  2. 紫外線からお肌を守る秘訣1
  3. ニキビに効果がある食べ物1
  4. 年齢肌が気になる方
  5. ほうれい線を薄くしたい1
  6. images (48)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。